ごあいさつ

 

木村常務理事    1971年(昭和46年)に国内で馬インフルエンザが大流行した際、日本の馬産業は大きな打撃を受けました。その翌年の1972年(昭和47年)、国内の馬関係団体が一元的に協議し、自衛防疫体制を確立・推進することを目的として、軽種馬防疫協議会は設立されました。

 設立から約50年が経ち、「馬の予防接種要領」の制定や「馬の健康手帳」の普及、国内外の馬の感染症の情報収集・提供をはじめ、種々の防疫施策を講じてまいりました。2007年(平成19年)には国内で再び馬インフルエンザが発生しましたが、早期の終息に本協議会の活動が少なからず貢献できたものと考えています。

 昨今では、ますます、国際的な馬の移動が頻繁になっており、日本も例外ではありません。このことに伴い、海外からの伝染病侵入リスクへの配慮が強く求められるようになっております。近年でも、アフリカの風土病が東南アジアに侵入し、大きな被害がもたらされた事例がありました。また、昨今、新型コロナウイルス感染症の流行により、人の生活は一変し、感染症への対策が大きく注目されています。馬と人とでは事情が異なる点もございますが、馬衛生に携わる者として学ぶべき部分も多くございます。

 私ども軽種馬防疫協議会は、日ごろより過去の事例に学び、最新の知見を馬の防疫対策へ実装することにより、日本の馬産業のさらなる発展に貢献してまいりたいと考えております。

軽種馬防疫協議会 議長
(日本中央競馬会 常務理事)

名前